足場の種類

くさび式足場 単管(鋼管)足場

住宅地などにおける設置面積が狭く、建物の形状が
複雑であったりする時に効率よく設置することができます。
足場板を敷床材とするので作業性も確保されます。
一般住宅において最も使用されている足場です。

枠組み(ビティ)足場
マンション、ビル工事などで標準的に使われている足場です。
各部材は軽量で扱いやすい形状となっており、
それでいて高い強度を保持します。
また組み立て、解体が容易であり、種類も多く、
昇降設備なども充実しています。
設置面積も比較的多く取ります。

棚足場
主に高い天井、壁面などで作業するためのステージの
イメージです。
高さ広さは自由に架けることができます。お祭のやぐらも
その1つです。
足場下部に稼動できるキャスターを付けると人の手で
容易に移動するローリングタワーもあります。

先行足場
足場と組み立て、解体時に先行して手すりを配置する工法です。
常に外側を手すりで囲まれた状態で作業できるので、
墜落する危険性を抑えることができます

移動式(ローリングタワー)足場
主に高い天井、壁面などで作業するためのステージの
イメージです。
高さ広さは自由に架けることができます。お祭のやぐらも
その1つです。
足場下部に稼動できるキャスターを付けると人の手で
容易に移動するローリングタワーもあります。